ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

qoo
2010年01月15日 01:27
すごい綺麗。シャッターはどういう状態が良いのか、それさえあまり詳しくはわかりません。とりあえず、行きつくすしかないですね
はるまへら
2010年01月15日 18:49
いいですね!こんなイルカの翔んでる姿が欲しくて、元々興味もない写真をやっています。こんなに疲れ果ててまで・・。まだこんなに若いのに・・。
2010年01月16日 22:21
★qooさんへ★
最近のデジタルカメラは、私のような中途半端な腕の持ち主がマニュアル撮影するより、プログラムされたオート撮影機能を使ったほうが、よっぽど綺麗に撮影できるので、詳しい事なんて知らなくても大丈夫なんですよ(笑)

実は私も撮影する写真の半分くらいは、このカメラのプログラムオートやシーンモードでの撮影です

★はるまへらさんへ★
イルカの翔んでる姿が欲しくて=写真を撮りたい というのとは違うのですね

私は逆にシャチやイルカを見ているうちに、その姿を写真に残したくなってカメラを始めたので、今は撮影が楽しくて仕方がありません。

ただし現実は、肉眼で見た目通りのイルカ達の躍動感や美しさを表現出来る腕が伴わないのはジレンマですけどね(^^;

それでものんびりとした歩みではありますが、少しずつ新しいテクニックを覚えて撮影するのはとにかく楽しみで、こんな寒い冬でも毎週水族館に通う原動力になっています
はるまへら 改メ 慈雲子
2010年01月20日 18:26
イルカが好きで撮ってます。写真は記録の手段として一番手っ取り早いのかも。撮影の機材もあくまでも道具として認識。好きな被写体を標的にシューティングゲームを楽しんでいるようなものです。写真は結果。でもスキな相手のカッコいい、迫力ある写真が撮れたらやはり嬉しいものです。結局、自己満足の道楽なのです。おそらく他の方々とは違うアプローチで撮っていますが、どうせ休日だけの週末カメラマン、一日楽しく過ごしたいですね!

この記事へのトラックバック